朝鮮王朝史  下

李成茂 著 ; 李大淳 監修 ; 金容権 訳

朝鮮王朝(李朝)500年の栄枯盛衰のドラマを活写する本格的通史。下巻は、粛宗朝から「朝鮮のルネサンス」ともいわれる英祖朝を経て、日本の併合による滅亡まで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第20章 粛宗朝-換局時代
  • 第21章 景宗朝-老少党争の激化期
  • 第22章 英祖朝-蕩平の時代
  • 第23章 正祖朝-蕩平の終焉と勢道政治の胚胎期
  • 第24章 純祖朝-勢道政局の成立と農民抗争
  • 第25章 憲宗朝-勢道政局の展開と天主教弾圧
  • 第26章 哲宗朝-民乱の拡散と意識の転換
  • 第27章 高宗朝-隠者の王国から烈強の角逐場へ
  • 第28章 純宗朝-国破山河在!
  • 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝鮮王朝史
著作者等 李 大淳
李 成茂
金 容権
書名ヨミ チョウセン オウチョウシ
巻冊次
出版元 日本評論社
刊行年月 2006.6
ページ数 589p
大きさ 23cm
ISBN 4535582998
NCID BA77555555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21057505
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 韓国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想