儒教と近代国家 : 「人倫」の日本、「道徳」の韓国

朴倍暎 著

同じく儒教を政治思想の基盤としながら、日本と韓国はなぜ、異なる近代化の道をたどったのだろうか。伊藤仁斎に代表される近世儒学の人倫論と、水戸学、明治憲法、教育勅語の関係とは。朱子学を柱とする韓国は、いかにして文明開花から戦後の朴正煕大統領の維新憲法にまで至ったか-。両国の近代と政治思想を問い直す画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 近代国家の基盤思想としての近世儒教
  • 第2章 西洋文明の登場とその受け入れ方
  • 第3章 日本の近代国家への移行
  • 第4章 日本の近代国家の思想的組み立て
  • 第5章 韓国の近代思想の諸相
  • 第6章 韓国の維新憲法と国民教育憲章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 儒教と近代国家 : 「人倫」の日本、「道徳」の韓国
著作者等 朴 倍暎
書名ヨミ ジュキョウ ト キンダイ コッカ : ジンリン ノ ニホン ドウトク ノ カンコク
シリーズ名 講談社選書メチエ 366
出版元 講談社
刊行年月 2006.7
ページ数 204p
大きさ 19cm
ISBN 4062583666
NCID BA77553414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21074017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想