ヘロドトス

藤縄謙三 著

古代ギリシア最大の歴史家がまとめあげた厖大な量の『歴史』を、現代人に理解しやすく整理、再構成した西洋史研究の画期的労作。現代に甦る『歴史の父』ヘロドトス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 総説-ヘロドトスの諸相(クロイソス物語
  • ペルシア大王
  • 隷属か自由か
  • 年代学
  • 旅行と地理学)
  • 第2部 異民族の世界(アジア
  • エジプト
  • リビア
  • スキュティア
  • トラキア
  • マケドニア)
  • 第3部 ギリシア世界(ギリシア民族の成立と分布
  • アテナイ史
  • ギリシア連合軍の抗戦
  • スパルタ史)
  • 第4部 ヘロドトスの生涯と環境(伝記史料について
  • 故郷ハリカルナッソス
  • サモス島への亡命
  • 亡命そして旅行
  • アテナイ滞在)
  • 第5部 死後の生命(古代ギリシアにおける批評
  • ローマにおけるヘロドトス-キケロの場合 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘロドトス
著作者等 藤縄 謙三
書名ヨミ ヘロドトス
書名別名 Erodotos

歴史の父ヘロドトス

Ηροδοτοσ
シリーズ名 歴史 (Herodotus)
出版元 魁星 : 學燈社
刊行年月 2006.6
ページ数 541, 27p
大きさ 22cm
ISBN 4312010072
NCID BA77550369
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21149215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想