外交敗戦 : 130億ドルは砂に消えた

手嶋龍一 著

それは、大蔵省、外務省の暗闘が招いた結果に他ならなかった-。湾岸戦争終結後、クウェート政府が発表した感謝国リストに"JAPAN"は存在しなかった。130億ドルもの国家予算を投じ多国籍軍を支援しながら、ニッポンを迎えたのは、世界の冷笑だった。戦略なき経済大国の「外交敗戦」を、『ウルトラ・ダラー』の著者が圧倒的な情報力で描ききる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「極東のクウェート」と呼ばれた日本
  • 第1章 手さぐりのミッション
  • 第2章 策士たちの秋-バンダルとベーカー
  • 第3章 日本への遺書
  • 第4章 中東貢献策漂流す
  • 第5章 会議は踊る
  • 第6章 「Dデー」を探れ
  • 第7章 テヘラン発緊急電
  • 第8章 密室の「湾岸方程式」
  • 第9章 ハシモト蔵相の光と影
  • 第10章 痛恨の二元外交-日本敗れたり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外交敗戦 : 130億ドルは砂に消えた
著作者等 手嶋 竜一
手嶋 龍一
書名ヨミ ガイコウ ハイセン : 130オクドル ワ スナ ニ キエタ
書名別名 一九九一年日本の敗北

Gaiko haisen
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 2006.7
ページ数 442p
大きさ 15cm
ISBN 4101381143
NCID BA77535605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21053877
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想