斎藤茂吉論 : 歌にたどる巨大な抒情的自我

松林尚志 著

[目次]

  • 「竹の里歌」との出会いと子規敬慕
  • 子規・茂吉の万葉尊重とますらおの調べ
  • 茂吉の西行評価と古代的なもの、中世的なもの
  • 人麿への傾倒と天皇鑚仰
  • ニーチェへの親炙とニーチェ的なるもの
  • アポロの人鴎外とディオニュソスの人茂吉
  • 鴎外、茂吉-その封建的倫理観と漱石
  • 『赤光』の位相と改選の意味するもの
  • 写生説の確立と『あらたま』
  • 妻てる子との確執
  • 晩年の愛(1)木芽連作に触れて
  • 晩年の愛(2)紅梅の歌をめぐって
  • 敗戦と茂吉-『白き山』から『つきかげ』へ
  • 子規的なもの、茂吉的なもの-結びとして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 斎藤茂吉論 : 歌にたどる巨大な抒情的自我
著作者等 松林 尚志
書名ヨミ サイトウ モキチ ロン : ウタ ニ タドル キョダイナ ジョジョウテキ ジガ
出版元 北宋社
刊行年月 2006.6
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 4894630761
NCID BA7751767X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21070554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想