うちのネコが訴えられました!? : 実録ネコ裁判

山田タロウ 著

それは店に届いた一通の簡易裁判所からの訴状。内容は「あなたのネコが車にキズをつけたので裁判をします!」というもの。訴えたのは、裏手のマンションに越してきた川畑氏。彼は何の苦情も相談もなく、いきなり裁判を起こした。川畑氏は後輩の大学生と動物愛護団体の代表者の婦人を証人として呼び、タロウ氏の「飼育責任」を追及。ネコの"逃走経路"を聞かれると「四方八方です」と答える大学生…。一方のタロウ氏は慎重に原告側の主張を崩しにかかる。そして-、裁判官は個別にタロウ氏を呼び出し「示談」を勧めるが…。本当にあった『実録ネコ裁判』の結末は。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 簡易裁判所からの書留
  • 第2章 第1回口頭弁論
  • 第3章 山田家の証拠探し
  • 第4章 第2回口頭弁論
  • 第5章 山田家の一大プロジェクト
  • 第6章 第3回口頭弁論
  • 第7章 判決

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うちのネコが訴えられました!? : 実録ネコ裁判
著作者等 山田 タロウ
書名ヨミ ウチ ノ ネコ ガ ウッタエラレマシタ : ジツロク ネコ サイバン
出版元 角川書店
刊行年月 2006.5
ページ数 318p
大きさ 19cm
ISBN 4048839527
NCID BA7746429X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21048212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想