なぜかいい町一泊旅行

池内紀 著

旅とエッセイの名手である池内紀が、独自の嗅覚で訪ね歩いた、日本各地の誇り高き、十六の町の旅の記憶。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 北から南へ(フクロウの知恵-斜里町(北海道)
  • 日本一巡り-上川町(北海道)
  • 金の帯-岩内町(北海道)
  • 木組みと流水-金山町(山形県) ほか)
  • 東から西へ(カニのハサミ-渥美町(愛知県)
  • おもかげゾーン-朝日町(富山県)
  • 湖北の知恵-木之本町(滋賀県)
  • ひいふみつよつ-岩美町(鳥取県) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜかいい町一泊旅行
著作者等 池内 紀
書名ヨミ ナゼカ イイ マチ イッパク リョコウ
書名別名 Nazeka ii machi ippaku ryoko
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2006.6
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4334033601
NCID BA77432238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21054099
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想