南北朝と室町政権 : 南北朝期-室町期

小和田哲男 監修・年表解説

[目次]

  • 第1章 朝廷と武家政権の対立を巡る人間模様(正中・元弘の変と建武の中興
  • 後醍醐天皇-天皇親政の理想が争乱の発端となる
  • 足利尊氏-朝廷に反旗を翻した源流武将の実力
  • 足利義満-南北統一の実現と「日本国王」の野望)
  • 第2章 洛中を舞台に花開く室町独特の美意識(北山文化-武家中心の禅宗文化と公家文化の融合
  • 東山文化-混乱の暗黒社会に生まれた風雅な世界)
  • 第3章 下剋上の戦国時代を呼んだ権力闘争の影(足利義政-優柔不断な政治が招いた将軍家の内紛
  • 応仁の乱-守護大名による戦火が京を焼き尽くす
  • 日野富子-室町御所を掌握していた女傑の実像)
  • 第4章 庶民生活の変貌を文学と商都にみる(御伽草子の世界-世相を映す架空の物語の面白さ
  • 自由都市と対明貿易-博多と堺の急速な発展)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 南北朝と室町政権 : 南北朝期-室町期
著作者等 小和田 哲男
書名ヨミ ナンボクチョウ ト ムロマチ セイケン : ナンボクチョウキ ムロマチキ
書名別名 Nanbokucho to muromachi seiken
シリーズ名 日本の歴史を見る : ビジュアル版 4
出版元 世界文化社
刊行年月 2006.7
ページ数 199p
大きさ 24cm
ISBN 4418062114
NCID BA77410199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21058167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想