子ども兵の戦争

P.W.シンガー 著 ; 小林由香利 訳

いま世界中の戦場で、子どもの兵士が前線に立っている。大人よりも安上がりに勇敢な兵士になるという理由で、軍や武装組織が好んで子どもを徴兵するためだ。紛争地域に派遣された国連平和維持部隊でさえ、小中学生の年ごろの兵士に銃口を向けなくてはならないのが現実だ。子ども兵の実態を明らかにし、変容が進む「戦争のかたち」をあぶり出す衝撃のリポート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦場の子どもたち(子どもと戦争
  • 世界各地の子ども兵)
  • 第2部 なぜ子ども兵が存在するのか(根底にある原因
  • 子どもたちはこうして軍隊へ
  • 子どもを兵士に変える ほか)
  • 第3部 子どもの兵士をなくすために(子どもを兵士にさせない
  • 子どもと兵と戦う
  • 兵士を子どもに戻す ほか)
  • 補遺 武力紛争への子どもの関与に関する子どもの権利条約の選択議定書

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子ども兵の戦争
著作者等 Singer, Peter W.
Singer, Peter Warren
小林 由香利
シンガー P.W.
書名ヨミ コドモヘイ ノ センソウ
書名別名 Children at war
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2006.6
ページ数 315p
大きさ 20cm
ISBN 4140811161
NCID BA77387213
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21065230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想