泥の文明

松本健一 著

稲作文化が育んだ気質「共生」「一所懸命」は、「石の文明」が生んだ「民主」「拡大」を超える新理念である。独創的なアジア論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「泥の文明」への道すじ
  • 第1章 泥の風土(アジア・グリーンベルト
  • カリマンタン島・キナバル山を中心にして ほか)
  • 第2章 泥の文明(「泥海」の風土を作り変える
  • 稲作文化の成立 ほか)
  • 第3章 「泥の文明」としての日本(日本の土地に根ざして
  • 「水に還る」インドと日本 ほか)
  • 第4章 「泥の文明」の世紀(「もの作り」の文化
  • 西田哲学、そしてグローバリズムの失敗 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 泥の文明
著作者等 松本 健一
書名ヨミ ドロ ノ ブンメイ
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2006.6
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 4106035677
NCID BA77332255
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21064226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想