バロックのイメージ世界

マリオ・プラーツ [著] ; 上村忠男, 尾形希和子, 廣石正和, 森泉文美 訳

17世紀バロック時代のヨーロッパで流行した寓意的=象徴的図像を精査し、そこに現れた"綺想"というイメジャリーのシンボリズムにはじめて体系的に取り組んだプラーツの主著。図版75点併録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 エンブレム・インプレーサ・エピグラム・綺想
  • 第2章 騎士の哲学
  • 第3章 俗愛と聖愛
  • 第4章 甘美なるものと有益なるもの
  • 付論 文学におけるエンブレムとインプレーサ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バロックのイメージ世界
著作者等 Praz, Mario
上村 忠男
尾形 希和子
広石 正和
廣石 正和
森泉 文美
プラーツ マリオ
書名ヨミ バロック ノ イメージ セカイ : キソウ シュギ ケンキュウ
書名別名 Studi sul concettismo. (第2版,重訳)

Studies in seventeenth-century imagery. (2nd ed.)

綺想主義研究
出版元 みすず書房
刊行年月 2006.6
ページ数 331, 12p
大きさ 22cm
ISBN 4622071991
NCID BA77332244
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21062894
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想