史記<世家>  2

吉田賢抗 著 ; 瀧康秀 編

世家三十巻は、史記の中で本紀と列伝の間にある中篇で、諸侯の家を核として国の歴史を記したものである。世家第一から第十六までは先秦、第二十から第三十までは漢代の世家群があり、両者の間に第十七孔子世家、第十八陳渉世家、第十九外戚世家の三編がある。また世家により史記編纂の経緯を垣間見ることができる。本書では「孔子世家」「陳渉世家」「蕭相国世家」「曹相国世家」「留侯世家」を取り上げる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 5 孔子世家(生い立ち・斉での名声・大司寇としての活躍
  • 流浪の日々
  • 魯における晩年)
  • 6 陳渉世家(燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや
  • 秦の反撃と諸将の自立)
  • 7 蕭相国世家
  • 8 曹相国世家
  • 9留侯世家(宿敵秦を降す
  • 漢楚の攻防
  • 創業期の献策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 史記<世家>
著作者等 司馬 遷
吉田 賢抗
瀧 康秀
書名ヨミ シキ セイカ
シリーズ名 史記 32
新書漢文大系 32
巻冊次 2
出版元 明治書院
刊行年月 2006.5
ページ数 182p
大きさ 18cm
ISBN 4625663563
NCID BA77331503
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21039165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想