野生動物と共存できるか : 保全生態学入門

高槻成紀 著

ラッコが駆除された。漁業に被害を与えるという理由だったが、それで増えると思った漁獲量が減った。なぜだろう?怖いクマや爆発的に増えるシカと、ほんとうに共存できるのだろうか。いま、新しい学問・保全生態学がさまざまなチャレンジを試みている。私たちが野生動物とどう関わればいいかを考える手引きとなる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章いま野生動物にこんな問題が
  • 2章 絶滅はなぜおきるのだろう
  • 3章 保全生態学が野生動物をまもる
  • 4章 保全生態学のじっさい-私たちの研究から
  • 5章 野生動物問題の解決に向けて
  • 6章 野生動物をどう考えればいいか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野生動物と共存できるか : 保全生態学入門
著作者等 高槻 成紀
書名ヨミ ヤセイ ドウブツ ト キョウゾン デキルカ : ホゼン セイタイガク ニュウモン
シリーズ名 岩波ジュニア新書 536
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.6
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 4005005365
NCID BA77325045
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21067612
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想