ニヒリズムの宰相小泉純一郎論

御厨貴 著

空前の支持率で五年の任期を全うした総理大臣・小泉純一郎とは何者だったのか。人品骨柄から権力構造までを再検証する。聖域なき構造改革、ワンフレーズ・ポリティクス、サプライズ外交など、小泉劇場を語るには欠かせないキーワードの奥には、新しい政治の胎動が垣間見える。この大転換は世界的な潮流なのか?なぜ小泉政治はこんなに面白いのか?説得しない、調整しない、妥協しないという「三無主義」を貫いてきたニヒリスト首相を解剖することは、まさに21世紀の政治を見通すことになるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 三つのタブーがなくなった
  • 第1章 選挙を好感度調査にした男-宰相・小泉の登場
  • 第2章 数の政治から劇場型政治へ-宰相・小泉の手法
  • 第3章 小泉内閣の歴史的な意味-宰相・小泉と自民党
  • 第4章 なぜ小泉政治は面白いのか
  • 第5章 小泉劇場のライトモチーフ
  • 特別対談 小泉時代日本はどう変わったか-松原隆一郎との対話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニヒリズムの宰相小泉純一郎論
著作者等 御厨 貴
書名ヨミ ニヒリズム ノ サイショウ コイズミ ジュンイチロウ ロン
シリーズ名 PHP新書
出版元 PHP研究所
刊行年月 2006.6
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4569652670
NCID BA77322910
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21058394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想