明治天皇 : 苦悩する「理想的君主」

笠原英彦 著

王政復古の旗印のもと、幕府や摂関職が廃され、若き明治天皇を戴く維新政権が誕生した。だが、近代国家の建設が急速に進むなか、「天皇親政」の理念はやがて形骸化する。陸海軍を統べる大元帥として日清・日露の両戦争を遂行するなど、政府への協力的姿勢を貫いた天皇であったが、その陰には、自らの意思と政府の意向の乖離に苦悩する、孤独な君主の姿があった。政府と宮廷の対立関係を軸に、理想化された天皇の実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幕末の政局と睦仁の降誕
  • 第2章 激動の中の即位と明治維新
  • 第3章 天皇権威確立の努力と挫折
  • 第4章 維新の宰相、大久保の政治指導
  • 第5章 伊藤首班の集団指導体制
  • 第6章 立憲制の確立と皇室制度の形成
  • 第7章 憲法の制定と立憲政治の開始
  • 第8章 議会政治の進展と日露戦争
  • 第9章 天皇の晩年と明治の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治天皇 : 苦悩する「理想的君主」
著作者等 笠原 英彦
書名ヨミ メイジ テンノウ : クノウスル リソウテキ クンシュ
書名別名 Meiji tenno
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2006.6
ページ数 309p
大きさ 18cm
ISBN 4121018494
NCID BA7731448X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21080654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想