持株会社の時代 : 日本の企業結合

下谷政弘 著

会社法や独禁法の相次ぐ改正などさまざまな企業制度改革の進展と、株式持ち合いの解消、M&Aや自社株買いなど「失われた一〇年」以降に現れた企業行動の新たな動向を、持株会社=企業結合に照準を当てて解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 激震、日本の株式所有構造
  • 第2章 消えた「持株会社」-二〇〇二年の独禁法改正
  • 第3章 持株会社の二つの機能
  • 第4章 持株会社とコンツェルン
  • 第5章 産業融合と企業結合
  • 第6章 分社と企業結合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 持株会社の時代 : 日本の企業結合
著作者等 下谷 政弘
書名ヨミ モチカブ ガイシャ ノ ジダイ : ニホン ノ キギョウ ケツゴウ
書名別名 Mochikabu gaisha no jidai
出版元 有斐閣
刊行年月 2006.6
ページ数 289, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4641162662
NCID BA77291679
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21060577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想