ツーリズムと文化体験 : <場>の価値とそのマネジメントをめぐって

安福恵美子 著

ツーリストと観光対象(アトラクション)、そして両者を結びつける媒体との関係性から、人々を魅了する観光空間が創出されるプロセスについて考え、ツーリズムにおける文化体験を"場"のマネジメントという視点から読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ツーリズムの生産と消費
  • 第2章 アトラクションと文化体験の構造
  • 第3章 アトラクションとオーセンティシティ
  • 第4章 "環境アトラクション"のマネジメント
  • 第5章 観光サービス/ホスピタリティ空間のマネジメント-ジェンダーという視点から
  • 終章 コミュニケーション・システムとしてのアトラクション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ツーリズムと文化体験 : <場>の価値とそのマネジメントをめぐって
著作者等 安福 恵美子
書名ヨミ ツーリズム ト ブンカ タイケン : バ ノ カチ ト ソノ マネジメント オ メグッテ
書名別名 Tsurizumu to bunka taiken
出版元 流通経済大学出版会
刊行年月 2006.6
ページ数 192p
大きさ 21cm
ISBN 4947553391
NCID BA77283477
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21059406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想