市場経済と共同体

降旗節雄 編著

資本と国家と共同体が、グローバリゼーションと反グローバリゼーションの嵐の中で、三つ巴の死闘を展開している現代世界をどう読み解くか。市場と共同体の理論装置の徹底的点検と再構築を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 現代の「世界」構造はどうなっているのか(グローバリゼーションはアメリカも世界も壊す
  • 資本主義社会に「情報化」は何をもたらしたか
  • 狂乱のマネー・ゲームと歴史の転換点 ほか)
  • 2 日本の社会問題の焦点を解読する(地方分権から「基礎的自治体」の構想へ
  • 少子化社会は本当に危険なのか
  • 有機農業の現場から「食と経済」を考える)
  • 3 ポスト資本主義をめぐって(過渡期世界と唯物史観の再検討
  • グローバル市場と国家の現在
  • 資本主義批判-その批判スタンスの転換)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市場経済と共同体
著作者等 降旗 節雄
書名ヨミ シジョウ ケイザイ ト キョウドウタイ : ポスト シホン シュギ オ メグッテ
書名別名 ポスト資本主義をめぐって
出版元 社会評論社
刊行年月 2006.6
ページ数 327p
大きさ 19cm
ISBN 4784508724
NCID BA77213507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21053010
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想