小説の方法

伊藤整 著

「近代の日本文学理解のために、自分の納得の行くような、自分流にではあるが論理的な組織を作ろう」との切実な思いから本書は生まれた。詩人、小説家としての実作上の体験と評論家としての理論上の蓄積-"伊藤理論"の核心はここにある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 小説への疑問(序論として)
  • 理論と実作との距離
  • 内なる声と仮装
  • 環境と創作
  • 日本の場合
  • 放棄と調和
  • 自我の作用
  • 物語りの発想
  • 散文芸術の性格
  • スタイルの発生
  • 西洋の方法
  • 日本の方法
  • 附随的な推定群

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小説の方法
著作者等 伊藤 整
書名ヨミ ショウセツ ノ ホウホウ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.6
ページ数 341p
大きさ 15cm
ISBN 4003109635
NCID BA77209827
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21057404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想