とっておきの東京ことば

京須偕充 著

「べらんめエ」ばかりが江戸っ子ではない。伝統的に東京人は、小心なくらい他人に気をつかうもの。昭和の東京ことばを振り返り、下町に残る「本寸法の東京人気質」を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 神田で生まれて(早い話が-江戸っ子は気が短かい?
  • 全くの話が
  • 有体に言えば ほか)
  • 2 東京人の話し方(ごめんくださいまし
  • ごめんなさい、すイません
  • ごんめん蒙る ほか)
  • 3 東京のあけくれ(おめでとう存じます
  • 弥助
  • たまか ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 とっておきの東京ことば
著作者等 京須 偕充
書名ヨミ トッテオキ ノ トウキョウ コトバ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2006.6
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 4166605127
NCID BA77196929
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21060139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想