植民地時代アメリカの宗教思想 : ピューリタニズムと大西洋世界

増井志津代 著

[目次]

  • 第1章 ヨーロッパの大西洋世界進出とキリスト教
  • 第2章 ピューリタニズムとインターナショナル・カルヴィニズム
  • 第3章 ニューイングランド・ピューリタニズムと大学教育
  • 第4章 都市とピューリタニズム-オールドサウス教会、ブラトルストリート教会の創立
  • 第5章 回心中心的福音主義とリヴァイヴァル
  • 第6章 第一次大覚醒運動と環大西洋・植民地間交流-ジョナサン・エドワーズの『書簡』を読む
  • 第7章 回心体験ナラティヴの再生-ジョナサン・エドワーズ『パーソナル・ナラティヴ』におけるペルソナの消失
  • 第8章 ジョージ・ホィットフィールドと環大西洋福音主義文化の成立
  • 第9章 啓蒙主義と大覚醒運動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植民地時代アメリカの宗教思想 : ピューリタニズムと大西洋世界
著作者等 増井 志津代
書名ヨミ ショクミンチ ジダイ アメリカ ノ シュウキョウ シソウ : ピューリタニズム ト タイセイヨウ セカイ
書名別名 Religious thought in colonial America

Shokuminchi jidai amerika no shukyo shiso
出版元 上智大学 : ぎょうせい
刊行年月 2006.5
ページ数 333, 19p
大きさ 22cm
ISBN 4324078475
NCID BA77150407
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21044984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想