神仏のすみか

梅原猛, 中沢新一, 松井孝典, 日高敏隆 著

人はどこからやってきたのか。という問いは、神仏はどこに坐すか、という問いと重ねられる。時間を遡り、空間を展げて、その住処を探す。どこへ向かえばいいのか。人はその答えを求めて、動物という魔法や植物という呪物とともに「神話」の森に入る。精霊、時空、魔法。哲学者・梅原猛が、魂、宇宙、遺伝子の世界から、「神と仏」に迫る。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神仏のすみか
著作者等 中沢 新一
日高 敏隆
松井 孝典
梅原 猛
書名ヨミ シンブツ ノ スミカ
シリーズ名 梅原猛「神と仏」対論集 / 梅原猛 著 第2巻
出版元 角川学芸 : 角川書店
刊行年月 2006.5
ページ数 259p
大きさ 20cm
ISBN 4046210222
NCID BA77138208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21049185
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想