100年前の東京 : 東京繁昌記  2(明治後期編)

伊藤銀月 原著 ; マール社編集部 編

本書は、明治36年に出版された伊藤銀月の『最新東京繁昌記』を抜粋し現代語訳したものです。本書の前編『100年前の東京(1)東京繁昌記・明治前期編』では文明開化の混乱期を生きる庶民のたくましさと活気が描かれていましたが、明治も後期になると、江戸時代とはかなり違った明治特有の風俗、風習が一般化してきます。本書では当時の風俗にとどまらず、行楽・生活を楽しむ当時の東京人の精神性が「見栄っ張り」を軸に軽妙なタッチで描かれています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 遊楽の東京(いかにして東京人は遊楽するか
  • 楽しき一年
  • 演劇
  • 花見 ほか)
  • 第2部 生活の東京(武蔵野と花の都
  • この生活を何という
  • 食い倒れの東京
  • 着倒れの東京 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 100年前の東京 : 東京繁昌記
著作者等 マール社
伊藤 銀月
書名ヨミ 100ネンマエ ノ トウキョウ : トウキョウ ハンジョウキ
書名別名 最新東京繁昌記
シリーズ名 100年前シリーズ
巻冊次 2(明治後期編)
出版元 マール社
刊行年月 1997.1
ページ数 157p
大きさ 21cm
ISBN 4837307302
NCID BA77119906
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98009312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想