修辞的モダニズム : テクスト様式論の試み

中村三春 著

"テクスト様式論"とは、様式論の方法を、ロラン・バルトの「作品からテクストへ」の方向に従って展開した、様式論の拡張である。伝統的な様式論が、様式を超越的な作者による芸術意志の表現と見なしてきたのに対し、"テクスト様式論"は、テクストの肌理としての文体やレトリックに徹底的に拘泥する。本書は、そのような"レトリック分析"の手法を用いて、"モダニズム文芸"を対象とし、読者が各自のフレームに基づいてテクストに対応した軌跡を記述するという文芸受容本来のあり方に、汲み尽くせぬ可能性を認める試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 "統合"のレトリックを読む-修辞学的様式論の試み(宮澤賢治と"統合"のレトリック-その透明と障害
  • 様式としての再魔術化-横光利一の換喩的世界)
  • 第2部 都市と身体のモンタージュを読む(モダニズム文芸とスポーツ-阿部知二「日独対抗競技」の文化史的コンテクスト
  • 川端康成「水晶幻想」のポリセクシュアリティ
  • 百貨店小説のモダニティ-伊藤整「M百貨店」論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 修辞的モダニズム : テクスト様式論の試み
著作者等 中村 三春
書名ヨミ シュウジテキ モダニズム : テクスト ヨウシキ ロン ノ ココロミ
シリーズ名 未発選書 第7巻
出版元 ひつじ書房
刊行年月 2006.5
ページ数 340p
大きさ 20cm
ISBN 4894762722
NCID BA77113375
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21067521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想