ロマネスクの透明度 : 近・現代作家論集

高橋英夫 著

その作家ならではの独自性を直観し、ロジックとレトリックのあやによって語りつづける作家論批評の精髄。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 女流作家たち(曲舞としての「白洲西行」-白洲正子
  • 崩れと形-幸田文 ほか)
  • 2 近代の古典作家たち(小さな魂の小さな怪談-小泉八雲
  • 文学者と志-二葉亭四迷 ほか)
  • 3 妖美とデカダンス(「永遠の退屈」-川端康成
  • 和泉式部伝説の遠近法-舟橋聖一 ほか)
  • 4 同時代・同世代(小説作法からみた『深い河』-遠藤周作
  • 共振する大家族群-安岡章太郎 ほか)
  • 5 「時」をまさぐる(賭けについて-大岡昇平
  • 奥の院としての『時間』-吉田健一)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロマネスクの透明度 : 近・現代作家論集
著作者等 高橋 英夫
書名ヨミ ロマネスク ノ トウメイド : キン ゲンダイ サッカ ロンシュウ
シリーズ名 季刊文科コレクション
出版元 鳥影社
刊行年月 2006.5
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 4886299849
NCID BA7710483X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21140896
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想