道元「小参・法語・普勧坐禅儀」

道元 述 ; 大谷哲夫 全訳注

永平寺で坐禅を組む前に必ず唱える「普勧坐禅儀」。坐禅の真髄とは何か。その心構えと作法も懇切に説く。結夏・解夏・冬至・除夜の修行と時節の折り目に、累代の祖師たちの言行を踏まえ、仏道を語る「小参」。古則公案や逸話を交え、仏法の大事を説く「法語」。真剣勝負に生きた道元の思想を漢文体の名文で綴った『永平広録』巻八の全訳注。禅とは何かを解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 普勧坐禅儀
  • 2 小参(結夏の小参
  • 解夏の小参
  • 冬至の小参
  • 除夜の小参)
  • 3 法語(浮生の名利、ただ刹那にあり
  • 大道もとより名字なし
  • 転身、いまだ這那を離れず
  • 教家道う「是法不可示、言辞相寂滅」
  • 永嘉云く「河海に遊び、山川を渉って…」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道元「小参・法語・普勧坐禅儀」
著作者等 大谷 哲夫
道元
書名ヨミ ドウゲン ショウサン ホウゴ フカン ザゼンギ
書名別名 Dogen shosan hogo fukan zazengi
シリーズ名 永平広録
講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.6
ページ数 333p
大きさ 15cm
ISBN 406159768X
NCID BA77089237
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21054387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想