プラハ日記 : アウシュヴィッツに消えたペトル少年の記録

ペトル・ギンズ 原著 ; ハヴァ・プレスブルゲル 著 ; 平野清美, 林幸子 訳

第二次大戦ドイツ占領下のプラハ。級友や親類が次々とナチスに連行される中、ジュール・ヴェルヌを愛し、絵や小説を書くのが大好きで、作家や編集者、あるいは研究者になることを夢見ていた14歳のペトル少年が、手作りのノート二冊に記した歴史の証言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ペトル・ギンズの日記-一九四一年九月一九日(金曜日)〜一九四二年二月二三日(月曜日)
  • ペトル・ギンズの日記-一九四二年二月二四日(火曜日)〜
  • 最後の出会い
  • 付:雑誌『ヴェデム』の原稿から-テレジーン、一九四二年〜一九四四年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 プラハ日記 : アウシュヴィッツに消えたペトル少年の記録
著作者等 Ginz, Petr
Pressburger, Chava
平野 清美
林 幸子
プレスブルゲル ハヴァ
書名ヨミ プラハ ニッキ : アウシュヴィッツ ニ キエタ ペトル ショウネン ノ キロク
書名別名 Denik meho Bratra

Puraha nikki
出版元 平凡社
刊行年月 2006.5
ページ数 267p
大きさ 20cm
ISBN 4582832806
NCID BA77044636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21056851
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 チェコ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想