遺伝子「不平等」社会 : 人間の本性とはなにか

池田清彦 編著

「いのち」は誰のものか?ヒトは、進化心理学者のいうように遺伝子で「こころ」すら決められ、もともと不平等に生まれついているのか。学校教育には限界があるのか。子どものためにその遺伝子を改造することは許されるのか。遺伝子の権利は誰のものか…遺伝子をめぐるさまざまな難問題の核心を、気鋭の研究者たちが徹底的に掘り下げてゆく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 男と女の狭間(男と女の狭間
  • 性アイデンティティをめぐって
  • 対談 男と女の狭間-小川眞理子VS池田清彦)
  • 2 教育のパラドックス(教育のパラドックス
  • 「ハズれ」を敬う教育
  • 対談 教育のパラドックス-正高信男VS池田清彦)
  • 3 心の在り処(心の在り処
  • 二分法の呪縛
  • 対談 心の在り処-計見一雄VS池田清彦)
  • 4 「いのち」を誰が決めるのか(「いのち」を誰が決めるのか
  • 自由は優生を支持しないと思う
  • 対談 「いのち」を誰が決めるのか-立岩/真也VS池田清彦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遺伝子「不平等」社会 : 人間の本性とはなにか
著作者等 小川 真里子
正高 信男
池田 清彦
立岩 真也
計見 一雄
書名ヨミ イデンシ フビョウドウ シャカイ : ニンゲン ノ ホンショウ トワ ナニカ
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.5
ページ数 231p
大きさ 20cm
ISBN 4000050524
NCID BA77033957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21056834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想