連帯の新たなる哲学 : 福祉国家再考

ピエール・ロザンヴァロン 著 ; 北垣徹 訳

搾取ではなく排除こそ問題だ。危機に瀕した「国民の連帯」を再創造するため、社会契約の原理にまで遡って民主主義を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 新たなる社会問題
  • 第1部 連帯を基礎づけ直す(保険社会の衰退
  • 国民の再創造
  • 連帯への新たなる道)
  • 第2部 権利について再考する(受動的福祉国家の限界
  • 労働への権利-ある問題の歴史
  • 社会への参入
  • 社会的なものの個人化)
  • 結論 社会進歩について再考する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 連帯の新たなる哲学 : 福祉国家再考
著作者等 Rosanvallon, Pierre
北垣 徹
ロザンヴァロン P.
書名ヨミ レンタイ ノ アラタナル テツガク : フクシ コッカ サイコウ
書名別名 La nouvelle question sociale
出版元 勁草書房
刊行年月 2006.5
ページ数 259, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4326653094
NCID BA77018909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21033588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想