旭川・アイヌ民族の近現代史

金倉義慧 著

旭川・近文を舞台に、三次にわたる「給与地」奪還運動、水平社に触発されての「解平社」の結成、経済的自立を求めての熊祭り興業、木彫り熊の創出など、アイヌ民族・文化運動の軌跡を、個性豊かなアイヌ群像をちりばめて描いた初めての近現代史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 先住民・アイヌ民族(北海道の地名はアイヌ語から
  • あなたはなぜ北海道にいるのか ほか)
  • 1章 近文アイヌ給与地をめぐって(和人の侵略とアイヌ民族
  • 「北海道旧土人保護法」に向けて
  • 第一次近分アイヌ地問題(搾取問題)
  • 第二次近文アイヌ地問題(詐取問題))
  • 2章 自立への道(川上コヌサアイヌとイヨマンテ興行
  • 「解平社」から全道アイヌ青年大会へ
  • 第三次近文アイヌ地問題(アイヌ地返還運動))
  • 3章 新しい民族文化の創造(旭川・近文での木彫り熊の誕生
  • 木彫り熊と近文アイヌ住民)
  • 終章 戦後のアイヌ民芸の展開(砂沢ビッキのこと
  • 戦後、旭川での文化運動の出発 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旭川・アイヌ民族の近現代史
著作者等 金倉 義慧
書名ヨミ アサヒカワ アイヌ ミンゾク ノ キンゲンダイシ
出版元 高文研
刊行年月 2006.4
ページ数 561p
大きさ 20cm
ISBN 4874983626
NCID BA76485771
BA77004595
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21137593
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想