予告されていたペリー来航と幕末情報戦争

岩下哲典 著

ペリー艦隊の「来航予告情報」は、一年前にオランダから幕府へ届き噂になっていた。「情報史」の視点から幕末・開国史を書き換える試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 狂歌「泰平のねむりをさます-」は後世の偽作か!?
  • 第1章 吉田松陰も知っていた「ペリー来航予告情報」
  • 第2章 正確な情報を知らなかった浦賀奉行所の与力たち
  • 第3章 「ペリー来航予告情報」の仕掛け人はオランダだった
  • 第4章 危機管理の意識に欠けていた幕府
  • 第5章 老中・阿部正弘は「来航予告情報」に信憑性を置いていた
  • 第6章 外様大名・黒田斉溥と阿部正弘の不思議な関係
  • 第7章 時代の閉塞感を破った「ペリー来航」と庶民の姿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 予告されていたペリー来航と幕末情報戦争
著作者等 岩下 哲典
書名ヨミ ヨコクサレテイタ ペリー ライコウ ト バクマツ ジョウホウ センソウ
シリーズ名 新書y
出版元 洋泉社
刊行年月 2006.5
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4862480284
NCID BA76952560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21024373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想