反ファシズムの危機

セルジョ・ルッツァット 著 ; 堤康徳 訳

ファシズム支配の終わりから六十年余、イタリアでいま、ムッソリーニ独裁を倒したレジスタンスの歴史的意義を公然と否定する言論が台頭している。だが、戦後イタリアの出発点となった反ファシズムの精神を歴史の記憶から抹消してしまってよいのか?歴史修正主義と政治修正主義の双方から放たれる反ファシズムへの批判にたいして、気鋭の歴史家が、政治・歴史・文化の諸分野にまたがって痛烈な反批判を展開。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ポスト反ファシズム
  • ファシストたちの消滅
  • カレンダーの争奪戦
  • 分断された記憶への賛美
  • 「超党派的」歴史の批判
  • 身分証明書
  • 意識の激震
  • 生における差異
  • 犠牲者の記念碑化
  • 現代史の授業
  • 老年について
  • 復活したクァルンクィズモと内戦の休戦
  • イタリアの女たち
  • レジスタンスの神話
  • ファシズムなきファシズム支配の二十年間
  • 郷土派
  • 反政治の復讐
  • 「ソヴィエト的」憲法?
  • プレビッシート(人民投票)通り
  • ルイジアナの未開人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反ファシズムの危機
著作者等 Luzzatto, Sergio
北原 敦
堤 康徳
ルッツァット セルジョ
書名ヨミ ハンファシズム ノ キキ : ゲンダイ イタリア ノ シュウセイ シュギ
書名別名 La crisi dell'antifascismo

現代イタリアの修正主義
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.5
ページ数 166, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4000244329
NCID BA76950736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21056842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想