支配と暴力

倉沢愛子, 杉原達, 成田龍一, テッサ・モーリス-スズキ, 油井大三郎, 吉田裕 編

「大東亜」戦争期を通じて、日本のアジア進出と異民族統治はさらに拡大していった。その支配は各地に何をもたしたのか?第七巻では、イデオロギー、統治のテクノロジー、経済等の諸側面から「大東亜共栄圏」の実相に迫るとともに、今なお各地の脱植民地化の過程に根深い影響を与える、支配の再編・継続の問題を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 統治のテクノロジー(植民地統治と南方軍政-帝国・日本の解体と東南アジア
  • 満州国における民族と民族学
  • イスラーム政策と占領地支配
  • 戦時期朝鮮の治安維持体制)
  • 2 資源の戦争(帝国内の物流-米と鉄道
  • 日中全面戦争後の在日本華僑・印僑ネットワーク
  • 「南進論」と「北進論」)
  • 3 抵抗と協力の間(戦時期朝鮮における朝鮮人地方行政職員の「対日協力」
  • 汪兆銘政権論
  • 内モンゴルにおける「蒙疆」政権
  • 東南アジアにおける「対日協力者」-「独立ビルマ」バモオ政府の事例を中心に)
  • 4 支配の継続と再編(帝国の忘却-脱植民地化・紛争・戦後世界における植民地主義の遺産
  • 基地論-日本本土・沖縄・韓国・フィリピン
  • 日本の再軍備-警察予備隊の創設を中心に
  • 倍賞と経済進出)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 支配と暴力
著作者等 倉沢 愛子
成田 竜一
杉原 達
Morris‐Suzuki Tessa
モーリス‐スズキ テッサ
油井 大三郎
成田 龍一
書名ヨミ シハイ ト ボウリョク
書名別名 Shihai to boryoku
シリーズ名 岩波講座アジア・太平洋戦争 / 倉沢愛子, 杉原達, 成田龍一, テッサ・モーリス-スズキ, 油井大三郎, 吉田裕 編 7
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.5
ページ数 470p
大きさ 22cm
付随資料 8p.
ISBN 4000105094
NCID BA76896109
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21057280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想