江戸八百八町に骨が舞う : 人骨から解く病気と社会

谷畑美帆 著

大都市江戸の地中や墓から発掘された人骨から何が分かるのか、骨に残された痕跡を観察し、病気の種類、環境や暮らしを復元。地方やロンドンとの比較も試み、現代の環境づくりに生かす、「都市古病理学」の重要性を説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸という時代-プロローグ
  • 古人骨からみた江戸の町
  • 骨と墓から何がわかるか
  • 地方の暮らし
  • 一七〜一八世紀のロンドン・英国
  • 近世都市・江戸

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸八百八町に骨が舞う : 人骨から解く病気と社会
著作者等 谷畑 美帆
書名ヨミ エド ハッピャクヤチョウ ニ ホネ ガ マウ : ジンコツ カラ トク ビョウキ ト シャカイ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 213
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2006.6
ページ数 203p
大きさ 19cm
ISBN 4642056130
NCID BA7689212X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21032665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想