日仏交感の近代 : 文学・美術・音楽

宇佐美斉 編著

本書では、文学、美術、音楽の諸領域が有機的にかかわる現場を重視し、幕末以降、今日にいたるまで、百数十年におよぶ日仏文化交渉の内実と創造性そのものを、あくまでも具体的に問いなおすことに主眼がおかれている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 出会いと触発(「フランス」との邂逅
  • 『懺悔録』の翻訳と日本近代の自伝小説-藤村の『新生』
  • 木下杢太郎とフランス文化
  • 「反語的精神」の共振-林達夫とジャンケレヴィッチ)
  • 2 受容と創造(岩野泡鳴とフランス象徴詩
  • 近代史の移入から創造へ
  • 九鬼周造の押韻論とフランス文学
  • 創造的フランス-竹内勝太郎のヴァレリー)
  • 3 虫と花のジャポニスム(フランスから来た「日本」-『蜻蛉集』挿絵について
  • 『蜻蛉集』における実りと萌芽-和歌とフランス詩の接点
  • 高島北海の日本再発見-フランス滞在がもたらしたもの
  • 『失われた時を求めて』にみる菊の花-愛の憂いと嫉妬を秘める)
  • 4 もう一つのオリエンタリズム(世紀末フランスにおける日本趣味とフロベール
  • 「日本」を書く-ピエール・ロティ『お菊さん』の位置
  • マルロー『人間の条件』と日本-「静謐」sereniteの夢
  • 媒介者としての「水の風景」-日本近代文学を中心にして)
  • 5 幻のパリ(ドイツ音楽からの脱出?-戦前日本におけるフランス音楽受容の幾つかのモード
  • ドビュッシーと日本近代の文学者たち
  • 憧れはフランス、花のパリ
  • 日本人にとってシャンソンとは何か?-シャンソン受容史の試み)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日仏交感の近代 : 文学・美術・音楽
著作者等 宇佐美 斉
書名ヨミ ニチフツコウカン ノ キンダイ : ブンガク ビジュツ オンガク
書名別名 Modernité des empathies franco-japonaises

Nichifutsukokan no kindai
シリーズ名 京都大学人文科学研究所研究報告
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2006.5
ページ数 456p
大きさ 22cm
ISBN 4876986835
NCID BA76890587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21029553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「フランス」との邂逅 柏木隆雄
「反語的精神」の共振 近藤秀樹
「日本」を書く 大浦康介
『失われた時を求めて』にみる菊の花 阪村圭英子
『懺悔録』の翻訳と日本近代の自伝小説 小西嘉幸
『蜻蛉集』における実りと萌芽 吉川順子
もう一つのオリエンタリズム 宇佐美 斉
コラム 宇佐美 斉
ドイツ音楽からの脱出? 岡田暁生
ドビュッシーと日本近代の文学者たち 佐野仁美
パリ万博と古都 高木博志
フランスから来た「日本」 高階絵里加
ブルターニュの「日本」 高階絵里加
マルロー『人間の条件』と日本 三野博司
世紀末フランスにおける日本趣味とフロベール 柏木加代子
中原中也の使った仏和辞典 宇佐美 斉
九鬼周造の押韻論とフランス文学 小山俊輔
出会いと触発 宇佐美 斉
創造的フランス 森本淳生
受容と創造 宇佐美 斉
大澤寿人と戦前関西山の手モダニズム 岡田暁生
媒介者としての「水の風景」 内藤高
岩野泡鳴とフランス象徴詩 北村卓
幻のパリ 宇佐美 斉
憧れはフランス、花のパリ 袴田麻祐子
日本人にとってシャンソンとは何か? 松島征
木下杢太郎とフランス文化 吉田城
淫らな告白 大浦康介
虫と花のジャポニスム 宇佐美 斉
近代史の移入から創造へ 宇佐美 斉
高島北海の日本再発見 鵜飼敦子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想