民俗芸能研究という神話

橋本裕之 著

始源・古風・伝統・素朴などのイデオロギーがたたみこまれている「民俗芸能」の現在をいかに調査し、記述するべきなのか。変貌する対象を前に、民俗芸能研究の方法を問い直し、脱-神話化する試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 民俗芸能研究という神話
  • 1 民俗芸能研究の思想史(これは「民俗芸能」ではない
  • 文化としての民俗芸能研究
  • 「近代」の復讐-牛尾三千夫の「美しい村」をめぐって
  • 民俗芸能研究における「現在」)
  • 2 民俗芸能研究の可能性(民俗芸能の知的可能性
  • 民俗芸能研究における「地域」
  • 民俗芸能研究における「地域」・補遺
  • 「民俗」と「芸能」-いわゆる「民俗芸能」を記述する方法・序説)
  • 民俗芸能研究の現在

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民俗芸能研究という神話
著作者等 橋本 裕之
書名ヨミ ミンゾク ゲイノウ ケンキュウ ト ユウ シンワ
出版元 森話社
刊行年月 2006.5
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 4916087658
NCID BA76858700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21087746
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想