ブリュージュ : フランドルの輝ける宝石

河原温 著

ブリュージュ、このフランドル地方の都市は、中世において商業や文化の中心地として、訪れた人々を驚かす活況を呈していた。市内に張りめぐらされた水路網を通じて各地から多彩な商品が運び込まれ、街は豪奢で美しいゴシック建築で満ち溢れていった。こうした都市空間の整備と文化の振興は、フランドル絵画に代表される「もう一つのルネサンス」の華々しい開花を準備する。"北方のヴェネツィア"の歴史的豊かさを活写。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誕生
  • 第2章 繁栄のモチーフ
  • 第3章 フランドルの宝石-都市の美学
  • 第4章 都市の祝祭と記憶
  • 第5章 アルティザンからアーティストへ-アルス・ノヴァの世界
  • 第6章 ブリュージュの近代と「神話」の形成

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブリュージュ : フランドルの輝ける宝石
著作者等 河原 温
書名ヨミ ブリュージュ : フランドル ノ カガヤケル ホウセキ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2006.5
ページ数 244p 図版14p
大きさ 18cm
ISBN 4121018486
NCID BA76855553
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21073537
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想