行動経済学 : 経済は「感情」で動いている

友野典男 著

「経済人」という特別の人々をご存知だろうか?禁煙や禁酒やダイエットに失敗するなんてことはありえない。しょっちゅう電車の中に傘を忘れたり、ダブルブッキングをして友人を不愉快な気持ちにさせたり、当たるはずのない宝くじに大金を投じたりはしない。経済活動を行なっている人、つまりわれわれすべてがこのような人物であるという想定の下で、標準的経済学は構築されている。感情などに振り回されない、超合理的な経済人を扱う経済学は、どこか現実にそぐわない。感情、直感、記憶など、心のはたらきを重視し、私たちの現実により即した経済学を再構築しようとする新しい学問、「行動経済学」の基礎を、詳しく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済学と心理学の復縁-行動経済学の誕生
  • 第2章 人は限定合理的に行動する-合理的決定の難しさ
  • 第3章 ヒューリスティクスとバイアス-「直感」のはたらき
  • 第4章 プロスペクト理論(1)理論-リスクのもとでの判断
  • 第5章 プロスペクト理論(2)応用-「持っているもの」へのこだわり
  • 第6章 フレーミング効果と選好の形成-選好はうつろいやすい
  • 第7章 近視眼的な心-時間選好
  • 第8章 他者を顧みる心-社会的選好
  • 第9章 理性と感情のダンス-行動経済学最前線

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 行動経済学 : 経済は「感情」で動いている
著作者等 友野 典男
書名ヨミ コウドウ ケイザイガク : ケイザイ ワ カンジョウ デ ウゴイテイル
書名別名 Kodo keizaigaku
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2006.5
ページ数 397p
大きさ 18cm
ISBN 4334033547
NCID BA76820763
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21026854
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想