日本史の一級史料

山本博文 著

現在、われわれが知りうる歴史というのは、史料から復元されたものであり、かつ史料からしか復元されえないものです。現代に生きるわれわれは、織田信長の肉声を聞くことも、関ケ原の戦いを目撃することもできません。すべては、残された史料をもとに、歴史家たちによって紡ぎ出された「歴史」なのです。ですから、固定された正しい歴史などというものはどこにも存在しません。歴史とは、新しい史料と新しい解釈によって、この一秒の間にも書き替えられ、更新されていくべきものなのです。-本書では、「一級史料」を題材に、歴史家がどのように史料を読み、歴史を描き出していくのか探っていきます。そのうえで、教科書や歴史書の記述を鵜呑みにしない、自分なりの「歴史感覚」の身につけ方を学んでいきます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 有名時代劇のもと史料(宮本武蔵の一次史料はたったこれだけ
  • 一次史料が豊富な「忠臣蔵」)
  • 第2章 歴史家は何をどう読む?(東京大学史料編纂所
  • 史料集の編纂とは何をするのか? ほか)
  • 第3章 新しい史料を発掘する(歴史学の基礎を築く「史料採訪」
  • わたしの「史料採訪」 ほか)
  • 第4章 一級史料の宝庫「島津家文書」を読む(島津家の文書とともに死ぬのなら本望
  • 一次史料だけで「歴史」が書ける ほか)
  • 第5章 「歴史学」への招待(いろいろな一級史料に出会う
  • データベースから史料を探す ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本史の一級史料
著作者等 山本 博文
書名ヨミ ニホンシ ノ イッキュウ シリョウ
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2006.5
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 4334033539
NCID BA76820071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21026852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想