笑う大英帝国 : 文化としてのユーモア

富山太佳夫 著

王様も政治家も神様も、おかまいなしのイギリス・ユーモア!痛烈なからかい、目を覆うほどバカバカしいギャグ、ほろりとさせる優しい笑い-"笑い"と"英国"をこよなく愛する著者が、十八世紀から現代まで縦横無尽に例をとり、豊富な「笑いの文化遺産」の中に英国文化の本質を読み解く。『パンチ』等の貴重な図版も多数収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 笑いの王様-なぜ国王が必要なのか
  • 第2章 政治家なんて-首相は踊る
  • 第3章 御主人様はアホですから-執事の伝統
  • 第4章 大英パロディ帝国-室内便器から株式売買まで
  • 第5章 パロディまみれの島-『ピーター・パン』もミルトンも
  • 第6章 聖書も、戦争も-笑いのアナーキズム
  • 第7章 もしも私がゲイならば-Q.Cへのラブレター

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 笑う大英帝国 : 文化としてのユーモア
著作者等 富山 太佳夫
書名ヨミ ワラウ ダイエイ テイコク : ブンカ ト シテノ ユーモア
書名別名 Warau daiei teikoku
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.5
ページ数 228, 2p
大きさ 18cm
ISBN 4004310172
NCID BA76814294
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21054468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想