ルポ改憲潮流

斎藤貴男 著

自民党の「新憲法草案」公表など、憲法改正の動きが活発化し、自衛隊の海外派兵をはじめ憲法をないがしろにする事態も目立っている。改憲を目指す動きの底流にあるのは何か。国家と国民の関係をどう変えようとしているのか。政治、経済、ジャーナリズムの動向など、幅広い丹念な取材を通して、改憲問題の本質に鋭く迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 超監視社会は誰のため
  • 第2章 立憲主義が危ない
  • 第3章 財界の意思と加害の記憶-衛星プチ帝国への道(前編)
  • 第4章 新自由主義と靖国の接点-衛生プチ帝国への道(後編)
  • 第5章 国民投票法案にみる権力の本能
  • 第6章 新憲法への奔流とジャーナリズム
  • 第7章 アメリカ世界戦略の一部としての日本「自衛軍」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルポ改憲潮流
著作者等 斎藤 貴男
書名ヨミ ルポ カイケン チョウリュウ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.5
ページ数 222, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4004310148
NCID BA76814090
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21054472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想