近代日本の音楽文化とタカラヅカ

津金澤聰廣, 近藤久美 編著

日本のミュージカルや演劇に大きな影響を与えてきた少女歌劇"タカラヅカ"について、主に洋楽受容史の視点より、戦前日本の音楽状況から海外にも展開する今日の宝塚歌劇の公演模様まで、少女歌劇を基点に広がった近代日本の音楽文化の諸相を概観する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 宝塚少女歌劇の誕生-音楽・歴史・文化(小林一三による新しい"歌・舞・伎"構想とその後
  • 和洋折衷の明治音楽史-伊澤修二・北村季晴・初期宝塚
  • 明治期関西の音楽事情-軍楽隊と民間音楽隊をめぐって
  • 「少女による」歌劇から「少女のための」歌劇へ
  • 戦前における宝塚少女歌劇の愛唱歌-唱歌からシャンソン・ジャズへ)
  • 2 戦前の宝塚少女歌劇の黄金時代から戦時下へ(タカラヅカと巴里-白井鐵造コレクションをめぐって
  • 女学生文化と宝塚少女歌劇
  • 宝塚交響楽団と関西の合唱運動
  • 宝塚歌劇と「国民歌」-戦時体制下の音楽界と宝塚歌劇団の音楽的側面
  • 北陸の"タカラヅカ"の誕生と地域文化
  • 移動演劇隊さくら隊と園井恵子)
  • 3 戦後における宝塚の復活と発展(戦後花開いた宝塚歌劇のミュージカル
  • 演出家・渡邊武雄の民俗芸能研究とその歌劇作品
  • タカラヅカの発展と戦後海外公演の歴史)
  • 宝塚歌劇愛唱歌年表(大正五年『櫻大名』から昭和四九年『ベルサイユのばら』まで)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の音楽文化とタカラヅカ
著作者等 名取 千里
塩津 洋子
大内 昌子
奥中 康人
山口 篤子
戸ノ下 達也
時岡 禎一郎
本康 宏史
津金沢 聡広
田畑 きよ子
袴田 麻祐子
貫田 優子
近藤 久美
鳥海 宗一郎
古川 明
風早 優
津金澤 聰廣
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ オンガク ブンカ ト タカラズカ
書名別名 Kindai nihon no ongaku bunka to takarazuka
出版元 世界思想社
刊行年月 2006.5
ページ数 240p
大きさ 22cm
ISBN 4790711730
NCID BA76812335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21031500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想