生命へのまなざし : 多田富雄対談集

多田富雄 著

自己とは、生命とは、生命活動としての文化とは?新らしい生命観を求めて、免疫、自己、老化、脳死と臓器移植、ウイルス、エイズなど、生命科学と文化の接点を縦横に語り合った、会心の対談集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 免疫という名の「自己」を守るシステム(立花隆)
  • フィールドとしての「自己」(中村雄二郎)
  • 免疫学はハードの時代、しかし…(養老孟司)
  • イレギュラーな生物、不整合な人間(岡田節人)
  • ウイルスの意味論(日沼頼夫)
  • 生命の本質を探りながら(加賀乙彦)
  • 医学の前進と人間観の変化(木崎さと子)
  • 死に介入する医療 往復書簡(〓(ぬで)島次郎)
  • 生命という文脈での現代(月尾嘉男)
  • 自己・エイズ・男と女(河合隼雄)
  • 能と進化論(浅見真州)
  • 医学と人生(石坂公成)
  • からだの歴史とコスモロジー(樺山紘一+養老孟司)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命へのまなざし : 多田富雄対談集
著作者等 多田 富雄
立花 隆
書名ヨミ セイメイ エノ マナザシ : タダ トミオ タイダンシュウ
出版元 青土社
刊行年月 2006.5
版表示 新装版.
ページ数 352p
大きさ 20cm
ISBN 4791762649
NCID BA76802422
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21132995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想