ガーダ女たちのパレスチナ

古居みずえ 著

第一次インティファーダ(民衆蜂起)のさなかに青春を送ったパレスチナ女性ガーダ。結婚にまつわる古い慣習に挑み、イスラエル人と交流し、子どもを育てながら学問を続ける…。過酷をきわめる占領下で親しい人たちの死に直面した彼女は次第に、祖母たちの世代の生きてきた歳月への関心を深め、聞き取りを試みる。そこで見出されたものは?筆者ならではの長く親密な交流から生まれた、心ゆさぶるドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ガーダの人生(一九九三〜一九九八年)(婚約する
  • 家族たち
  • 第一次インティファーダ ほか)
  • 2 故郷の記憶-ガーダの旅(二〇〇〇〜二〇〇一年)(第二次インティファーダとカラムの死
  • ガーダの新しい旅
  • 祖母ハディージェ(七十五歳) ほか)
  • 3 ガーダの日々(二〇〇一〜二〇〇四年)(ガーダの日記
  • イラク戦争
  • 砕かれた若者の人生 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガーダ女たちのパレスチナ
著作者等 古居 みずえ
書名ヨミ ガーダ オンナタチ ノ パレスチナ
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.4
ページ数 199p
大きさ 19cm
ISBN 400022459X
NCID BA76782926
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21026934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想