国語教科書の戦後史

佐藤泉 著

[目次]

  • 第1章 「文学」という理念-戦後初期その1(文学という理念
  • 近代文学と言語技術教育 ほか)
  • 第2章 文学史と文学理論-戦後初期その2(島崎藤村と「夜明け史観」
  • 「文学史」の枠組み ほか)
  • 第3章 占領の影響(戦後の「国民文学」論
  • 朝鮮戦争期の国語教科書 ほか)
  • 第4章 市民社会から企業社会へ-一九六〇〜七〇年代(教育と経済の接合
  • 公害と環境問題 ほか)
  • 第5章 言語教育とゆとり教育-現代まで(科目編制の激変
  • 表現の重視と「国語」の拡散)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国語教科書の戦後史
著作者等 佐藤 泉
書名ヨミ コクゴ キョウカショ ノ センゴシ
書名別名 Kokugo kyokasho no sengoshi
シリーズ名 シリーズ言葉と社会 4
出版元 勁草書房
刊行年月 2006.5
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 432619930X
NCID BA76765814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21028685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想