新しいスタイルの学校 : 制度改革の現状と課題

藤田晃之 著

公立中高一貫校、教育特区、学校選択制、企業・NPOによる学校…日本の学校はどこに向かうのか?学校制度改革の「いま」と「これから」を鋭く分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 新制学校制度発足60年の軌跡
  • 第1章 この10年の潮流を読み解く
  • 第2章 アウトプット・コントロール型の改革と教育特区
  • 第3章 不登校児童生徒へのきめ細やかな対応の可能性
  • 第4章 特区研究開発学校の現状
  • 第5章 学校設置者の多様化と現状の課題
  • 第6章 公立小・中学校選択制の理念と現実
  • 第7章 公立中高一貫校とエリート教育の意味
  • 終章 誰に対して「よい」教育を提供すべきか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しいスタイルの学校 : 制度改革の現状と課題
著作者等 藤田 晃之
書名ヨミ アタラシイ スタイル ノ ガッコウ : セイド カイカク ノ ゲンジョウ ト カダイ
書名別名 Atarashii sutairu no gakko
シリーズ名 Chart books special issue
出版元 数研
刊行年月 2006.5
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 4410138898
NCID BA76750373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21241730
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想