黄金伝説  1

ヤコブス・デ・ウォラギネ 著 ; 前田敬作, 今村孝 訳

聖人や殉教者の言行や生涯を神話化した聖人伝説。このキリスト教の空想力が生み出した神話・説話文学の一大ドラマは、ヨーロッパが自らの精神のために絶えず養分を汲み取ってきた源泉である。本書『黄金伝説』は聖人伝説の白眉、ヨーロッパ文化を理解するための基本文献である。主の降臨から始まる本巻には、聖アントニウス、聖セバスティアヌス、聖女アガタなどを収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 主の降臨と再臨
  • 使徒聖アンデレ
  • 聖ニコラウス
  • 聖女ルキア(ルチア)
  • 使徒聖トマス
  • 主のご降誕
  • 聖女アナスタシア
  • 聖ステパノ
  • 福音史家聖ヨハネ
  • 罪なき聖嬰児ら〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 黄金伝説
著作者等 Jacobus, de Voragine
今村 孝
前田 敬作
山中 知子
山口 裕
西井 武
Voragine Jacobus de
ウォラギネ ヤコブス・デ
書名ヨミ オウゴン デンセツ
書名別名 Legenda aurea
シリーズ名 平凡社ライブラリー 574
巻冊次 1
出版元 平凡社
刊行年月 2006.5
ページ数 595p
大きさ 16cm
ISBN 4582765742
NCID BC02235105
BA76743764
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21039057
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想