あるヒステリー分析の断片 : ドーラの症例

ジークムント・フロイト 著 ; 金関猛 訳

ドーラに何が起こったのか。夜尿、偏頭痛、咳、そして失声、失神。このユダヤ人少女の病は長く重い。原因はわからない、あるいは多すぎる。しかしフロイトは言う、「口を閉ざす者は指先で語り、体中の毛穴からは秘密が漏れ出てくる」と。その分析と治療ははたして成功したのだろうか。「夢とヒステリー」と題された本作は、『ヒステリー研究』と『夢解釈』を書いたフロイトが、精神分析の理論と技法をいっそう成熟させた有名な症例研究である。疾病利得、症状行為、転移といった基礎概念に具体的な裏づけが与えられる。そのロマネスクな文体の魅力に加え、「いままでに書いたなかでもっとも精妙なもの」とフロイトが自賛する作品が新訳で登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 病状
  • 第2章 第一の夢
  • 第3章 第二の夢
  • 第4章 あとがき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あるヒステリー分析の断片 : ドーラの症例
著作者等 Freud, Sigmund
金関 猛
フロイト ジークムント
書名ヨミ アル ヒステリー ブンセキ ノ ダンペン : ドーラ ノ ショウレイ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2006.5
ページ数 239, 13p
大きさ 15cm
ISBN 4480089845
NCID BA76732972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21054742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想