いまこの国で大人になるということ

苅谷剛彦 編著

さまざまな分野の第一線で活躍中の著者たちによる、"大人になる"ということをキーワードに、自分なりの視点から現在の若者を囲む情況を浮き彫りにした、ポジティブな考え方・生き方につながるメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • わからなくていいのだ(玄田有史)
  • 大人になることの苦味と希望-"半歩先を行く自分"を見出す(菅野仁)
  • できちゃった婚から一生独身まで-家族のなかで大人になること(山田昌弘)
  • 大人をつくれない学校(苅谷剛彦)
  • 「将来」によって食いつぶされる「いま」-「発達」という視線(浜田寿美男)
  • 大人になっても忘れてはいけないこと(茂木健一郎)
  • ヒトは二段階で大人になる-生物として、人間として(佐倉統)
  • 理不尽な現実をどう受け止めるか-男/女になるということ(吉澤夏子)
  • 大人になるためのイニシエーションとは(島田裕巳)
  • 法律の視点から見た"子ども"と"大人"-権利・ルール・社会参加(内野正幸)
  • こうしてメディアは「大人」になりそこねた(武田徹)
  • たいがいのことは映画から教わった-映画少年における「大人」の世界(紅野謙介)
  • サブカルチャーとともに大人になること(斎藤環)
  • 歴史と出会い、社会を見いだす(佐藤健二)
  • 大人になること、自由になること(西研)
  • 大人/子供の危うい綱渡り(小谷野敦)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いまこの国で大人になるということ
著作者等 内野 正幸
苅谷 剛彦
書名ヨミ イマ コノ クニ デ オトナ ニ ナル ト ユウ コト
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2006.5
ページ数 348p
大きさ 19cm
ISBN 4314010053
NCID BA76712636
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21029195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想