越境する近代 : 覇権、ヘゲモニー、国際関係論

野崎孝弘 著

越境する近代という視点から、国際関係論におけるヘゲモニー概念(「覇権」概念)を批判的に検討することで、近代社会科学と現代政治、そして人間の在りようを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 問題関心の所在
  • 第1章 国際的ヘゲモニーの論理
  • 第2章 世界的ヘゲモニーの論理
  • 第3章 「担い手-全体化」の問題設定
  • 第4章 国際関係論における全体性への意志
  • 第5章 問題化と抵抗-二重の戦略
  • 結 異議とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越境する近代 : 覇権、ヘゲモニー、国際関係論
著作者等 野崎 孝弘
書名ヨミ エッキョウスル キンダイ : ハケン ヘゲモニー コクサイ カンケイ ロン
書名別名 Ekkyosuru kindai
シリーズ名 21世紀国際政治学術叢書 6
出版元 国際書院
刊行年月 2006.4
ページ数 256p
大きさ 22cm
ISBN 4877911553
NCID BA76711451
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21023827
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想